根菜類

部会長あいさつ

JA熊本市野菜選果施設部会長

露地栽培からハウス栽培で多品目にわたり個人選別で広域選果場に出荷された品物が集まった部会です。多品目により紹介が大変ですが皆様に安心・安全な品物を提供するため色々な工夫をおこない農薬回数削減にも努めておりますので安心して食べて下さい。

部会長 山本 継雄
部会概要
■部会員数:23名 ■面  積:70.4ha

品質の特長

品種名:れんこん「成蹊 せいけい
JA熊本市野菜選果施設のれんこん「成蹊」 収穫期間

7月中〜8月下旬・11月下旬〜12月下旬

品質の効能

食物繊維やカルシウム、鉄分、カリウムなど、れんこんには現代人に不足しがちな栄養が豊富に含まれています。特にビタミンCはレモンの約2/3に相当します。又ムチンという糖たんぱく質(ネバネバ成分)は、滋養強壮に。絞り汁は咳止めに効果的といわれています。

選び方と保存

重みがあり、太くてまっすぐなものが良い。穴の内側が黒くなっていたり泥が入っているものは避けてください。れんこんは空気に触れると変色しています。これはポリフェノール化合物が酸素で酸化したものです。そのため、皮をむいたり切ったりしたものは、ラップで包むか、酢水に浸して保存します。

品質の特長

品種名:キュウリ
キュウリ主な特長

果実は、際だった光沢のある濃緑色で、整った円筒形で、尻太・尻細果の発生が少なく食味は、果皮は薄く柔らかく果肉のしまりよいため歯切れが良く、甘み、風味を備え食感が良い。

収穫期間

 

品質の効能

成分の9割が水分になりますので、体に貯まった熱を追い払ってくれる働きがあり又、利尿効果を発揮し、むくみ・だるさの解消につながります。

選び方と保存

キュウリ全体的に緑色が濃くツヤがあり、切り口が新しくイボイボの新鮮なものがよく、多少曲がっていても味や栄養分には変わりありません。保存するときは、水気をふき取りラップして冷蔵庫の野菜室へ入れます。冷やしすぎると苦味が増すので気をつける必要があります。

品質の特長

品種名:キャベツ「彩々丸」
JA熊本市野菜選果施設のキャベツ主な特長

低温期でも生育は旺盛なサワー系のキャベツで、葉質はやや肉厚で甘さがあり、裂球が遅く低温肥大性に優れており、葉のアントシアンの発生が少なく、甲高へん球で玉の揃いが良い品種です。

収穫期間

1月上旬〜3月下旬

品質の効能

ビタミンCを豊富に含み、大きめの葉1枚で1日の必要量の約7割を摂取することが出来、骨を強くする効果や、各種のミネラルは消化・吸収を促進しむかつき防止の効果があり、胃潰瘍や十二指腸潰瘍の予防になります。

選び方と保存

緑色が濃く、ずっしりと重く巻きの固いものを選びます。なるべく早目に食べるのが好ましいのですが、保存方法として芯から腐り始めるので芯を包丁で切り抜き、水を含ませたキッチンペーパーなどをつめてからポリ袋に入れ、芯を下に向け立てた状態で冷蔵庫で保存してください。

ページ先頭へ戻る